翻訳者の英語学習ブログ

実務翻訳者として仕事をして締め切りに追われながらも少しずつインプットを増やすためのブログです。

フレンズ Season 1 -- 2

こんにちは!まろんです。

本日もフレンズのシーズン1第2話についての解説です!

第2話は難しい表現もなく、すーっと理解しやすいですね。

今日は英検やTOEIC対策で使えそうな、普段は聞きなれない単語を中心にまとめました!

教材 

 Amazon

フレンズ I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

フレンズ I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

 

 

中古品は安くてオススメです

 

目次

 

 

単語・フレーズ

Mastodon: マストドン

どんな生き物かなと思ったら、すぐWikiで発見しました。

wikipedia

マストドン(英語:Mastodon、Mammut)は、ゾウ目マムート科マムート属に属する、大型の哺乳類の総称。原始的なゾウ類でありマンモスや現生のゾウに似ている。約4000万年前から11000年前まで生存していた。

中新世から更新世にかけて生息していたようですね。

マンモスかと思ったら違いました。

今はマストドンという名称のSNSがあるようですね。

うちの恐竜や古代生物の図鑑が好きな息子の話によると、「ドン」は「歯」のことを表しているんだそうです!知らなかった!!

因みにラプトルは「泥棒」という意味なんだそうです。

勝手にいろんなことを深堀りしていく好奇心の強さは私譲りかもしれませんね(笑)

glacier: 氷河

Ice age: 氷河時代更新世

erect: 直立

類似表現を調べました。

  1. Stand erect 直立する
  2. Walk upright 直立歩行する
  3. Erect bipedalism 直立二足歩行

 

You never know: まだどうなるかわからない、誰にも分らない

これはロスの元妻のキャロルが職場に訪ねてきたときに、本題の前にちょっとした会話をしている時に使っています。

Ross: So, what’s new? Still a….

    それで、どうしたんだい?まだ…。

Carol: A lesbian?

       レズビアンかって?

Ross: Well. You never know. How’s um… How’s the family?

    だって、わからないだろ。それで…君の家族は元気?

 

ここでは、ロスの言葉は「Still a …」終わっていますね。

こういうことを聞くのが普通かどうかわかりませんが、別れた恋人や伴侶と会ったときに、相手の恋人関係が気になって 

”Are you still with him/her?”「彼/彼女とはまだ続いているの?」 

と聞いたりすることがあります。

そして、キャロルの答えから、まだレズビアンとして、「彼女(スーザン)と続いている」ことがわかりますね。

ここで”You never know.”と言ったのは、「もしかしたらもう別れてストレートになっているかも?」というロスのわずかな希望(?)のようなものが感じられますね。 

Three’s Company:

チャンドラー、フィービー、ジョーイがモニカの家で見ているドラマです。いつも何らかの誤解が生じてトラブルがあって、、、というドタバタコメディです。いつも同じような設定での展開であることを皮肉ったシーンですね。

これはABCで1977年から1984年まで放送されていたドラマです。イギリスのシットコム”Man About the House”が元になっているそうです。ドラマ自体の解説は他のウェブサイトでもされていますね。

ちょっと調べたら、このドラマの主演のJohn Ritterさんは”8 Simple Rules”(邦題:パパにはヒ・ミ・ツ)のお父さん役の方だということがわかりました。

 

8 Simple Rules (2002~2005)

気になって検索していたら、このドラマには”The Big Bang Theory”のペニーでおなじみのKaley Cuocoが娘役の一人として出ていたことに気が付きました。

最近シットコムよりもシリアスなドラマの方が人気でシットコムが減っているなと感じていましたが、今度こちらのドラマも是非見てみようと思います。

Doy: ドイ

スラングです。わかりきったことを言った人に“Doy”という感じですね。”Duh(ダァ)”と同じような意味ですね。私がアメリカにいたときはこちらの”Duh“が良く使われていました。

カースト上位のチアリーダーの女の子が“Duh, Who do you think I am?”なんて言っていましたね。今思えばアホかと思いますが、当時のシャイな私はそんなに自信をもっていられるのがすごいなカッコいいなと思った記憶があります。

 

スラング検索にはアーバンディクショナリーを使いました。あまりいい言葉使いではないので、いつもの辞書でみつからないときに利用します。今回の”doy”も私が所有している普通のちゃんとした辞書には載っていません。

 

Urban Dictionary

Kind of means "Wasn't that obvious, huh?"

 

similar to duh

You have to turn the Computer on first, Doy!

 

 

The Online Slang Dictionary

doy

interjection

to imply stupidity, slow to understand, obtuseness

I left the baby on top of the car and drove off - doy.

Last edited on Jul 24 2010. Submitted by Pete B. from Denver, CO, USA on Dec 08 2005.

 

replaces the word shit as in "No-doy".

Last edited on Jul 24 2010. Submitted by Pete B. from Denver, CO, USA on Dec 08 2005.

 

 

Weblioにもありました。

Weblio

主な意味

《俗》わかりきったことを言うな;当たり前だろ。duhと同義

 

 

英語を勉強される方は、こういうスラングは使わない方がいいですね。

 

OBGYN: 産婦人科(学)

Obstetrics and gynecologyの略語です。

Sonogram: ソノグラム

超音波検査で赤ちゃんが見られますが、それのことです。

ちなみに超音波はultrasoundです。

morning sickness: つわり

なぜモーニングなの?と思い調べてみました。どうやら、朝だけ気持ち悪いということがよくあるそうです。初めて知りました。

私は二度の妊娠出産を経験しましたが、いずれの時も朝から晩までずーっと気持ち悪いまま数か月を過ごしたので、"morning"と聞いてもあまりピンときませんでした。

Oxfordの辞書をみますと、名前とは違って実際にはいつでも起こり得るということが書かれていました。

 Get one’s way: 自分の言い分を通す、思い通りにする

ロスとキャロル(元妻)とスーザン(元妻のパートナー)とで赤ちゃんの名前について議論している時に出てきましたね。似た表現を挙げておきます。

have one’s own way

「わがままを通す」です。

get in the way

「邪魔をする、妨げる」という意味です。

見た目は似ていますが、意味が全く異なります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上がフレンズシーズン1―2で気になった言葉や表現です。以前は考古学にも妊娠出産にも全く興味がありませんでしたが、私と同じようにスルーしていた方にも知っていただきたいと思い、現在すでに知っている言葉も改めてしっかり調べてみました。

英検やTOEICのための英語学習という視点でいうと、何かを見たときには一つの表現だけでなく、周辺のことも調べてみるとより知識として強固なものとなり、覚えやすく忘れにくくなります。

また、これから翻訳者になりたい、通訳をやりたいという方もなんでも気になったことは調べる癖をつけると実力も、チャンスもアップします!

英語好きとプロとの差はこの興味関心をいだくかどうか、どこまで調べるのか、という点です。

 

今日の機械翻訳

Ross: So, what’s new? Still a….

   それで、何が新しいの?まだ…。

Carol: A lesbian?

     レズビアン?

Ross: Well. You never know. How’s um… How’s the family?

   まあ。あなたは、決して知らない。ええと…家族はどうですか?

 

英検の教材オススメ

英検と言えば旺文社ですね!

私は5級から1級までずっと旺文社の対策本で学習しました。

今はネット教材があるなんて、なんて便利なんだろうと衝撃を受けました。

昔はCDも別売りで、辞書も電子辞書がやっと出てきたくらいで、音声付きは高くて手がでませんでした...。

今は気軽に勉強出来てうらやましい限りです。