翻訳者の英語学習ブログ

実務翻訳者として仕事をして締め切りに追われながらも少しずつインプットを増やすためのブログです。

小学生の勉強はどうする?

 こんにちは。

コロナショックでそこそこ時間があるので、久しぶりの更新です!

仕事をする中で、勉強をする中で思うことがあったり、書きたいことがあっても、普段は仕事と家事育児に忙殺されてしまって、忘れてしまうことが多いんですよね。

なかなかブログを書く暇がありませんでした。

 

今回は暇な中で子供の勉強どうする?問題にぶつかったのでちょっと検討してみました。

 

 

選択1:塾に入れる

これはね、一番簡単というか、楽ですよね。

人に任せる方が喧嘩にならなくていいです(笑)

うちの子だけかわかりませんが、親に何か指摘されると

「ママに言われたくない」

と言って泣いたり怒ったりします。

反抗期なのか?自立心の芽生えなのか...。

私は賢いとも言えませんが、そんなにアホではないと思うので、「馬鹿には言われたくない」的な意味合いではないと思いたい...

でも塾って高いですよね。

 

上の子は新4年生なので、そろそろ塾でもいいかもしれませんが、田舎なので中学受験などしないので、ちょっとお金の無駄な気もします。

うちはピアノもやっているし、スポーツもやらせているし、どちらかをやめなければいけなくなります。

小学生のうちは文化活動やスポーツは大切かなと、何の根拠もありませんがそう思っています。

 

新2年生は、そもそも受け入れている塾がないですね。

春期講習などはちょっとあるのかな?

 

私は〇文は好きではないので除外です。(私がひどい目にあいました。)

あれはね、親が夢中になると悲惨です。

あれで成績が良くなったという子は、違うものをやらせても、もしかしたら何もしなくても優秀です。

あのプリントは自分の頭で考えられないと先に進めません。

〇文の先生は、勉強を教えてくれないためです。

(私のいた教室はそうでした。〇付けだけ。)

 

選択2:通信教材

これもねー、ちゃんとやってくれればいいんですけどね。

私の友人知人でやっていた人、その子供たちでやってる人もいますが、おまけ?付録?があるものだと、ほとんどそれ目当てで中身をあまり真剣にやらないんだそうです。

そういえば、そのおまけを学校に持ってきて大人気になっている人がいましたね。

(今考えたらだめですよね!関係ないものを持ってきてはいけません)

そして、そういう子はたしかに成績がいい子ではなかったです。

 

いいところは、リーズナブルなんですよね。

他の習い事を並行して続けられるお値段です。

 

そんなイメージを抱いていたのですが、最近、チャ〇〇ジや、〇〇ゼミではなく、Z会をやらせているお母さんの話を聞きました。

ここはおまけがメインではなく、教材メインなんだそうです。(当たり前?)

そして、追いつかないくらいどんどん教材が来る、と嘆いていました(笑)

どんどん来るのはいいですよね。

すぐ終わってしまうようなものや、ただ教科書の内容を繰り返し学習するだけだとなんかつまらないですから。

ただ、タブレット学習だと、すぐに答えが見られてしまうので考えないでパパっとスワイプしちゃうんだそうで、「タブレットはやめた方がいい」と言っていました。

 

アプリで計算練習するくらいなら良さそうな気もしますが、頭を使うものはやはり紙に書く方が頭の中が整理しやすいのでしょうかね。

というわけで「Z会はいいかも」と思いました。

 

まとめ

ちょっとZ会に傾いたところで、まだ申し込みはしていませんが、資料請求はしました。

毎年ドリルを大量に買ってやらせていたのですが、そろそろ〇付けは本人にさせて、自分で解説を読んで考えてほしいなとも思っています。

ドリルはね、あまり解説が詳しくないのもありますし、隅々まで読まないと適切なものを選べないんですよね。

ワーキングマザーなので、学習を少しでも人任せにできるとうれしいです。

びっちり見ていると多少喧嘩になりますしね(笑)

お兄ちゃんなんかはとても口が達者で、イライラすることも増えてきました。

下の子はまだピーピーいうくらいなので大したことないんですが。

うまくいくといいんですけどね。