翻訳者の英語学習ブログ

実務翻訳者として仕事をして締め切りに追われながらも少しずつインプットを増やすためのブログです。

翻訳者のコロナでの状況

 こんにちは!

翻訳者の英語学習と言いながら、簿記を勉強しています(笑)

私は翻訳(ちょこちょこ受注あり)をやりつつ、ごくたまに通訳(休業中)をしていたり、子ども・初心者向け英語教室(休業中)を開いています。

今コロナショックがあり、仕事がどうなっているのか、今後どうするのかについて記録を残しておこうと思います。

 

 

現状

子どもの休校により、自宅での仕事(家事、育児に加えて先生)が増えたためほとんどお休みしています。

学校が大量の課題をよこして、まだ学習していない内容を家庭で勉強しておくようにという指示がありました。

2人子どもがいるのですが、時間割を作って、課題に沿って勉強させるのって結構大変です。

しかも学年が違うので、同時に見てあげられなくて、見てアピールがしんどいです(笑)

翻訳の受注も少し減っていましたが、この学校の課題により物理的に仕事をすることができなくなりました。

仕事の依頼があっても、そのスケジュールには対応できませんということが発生していて、スケジュールの希望を出してみたものの、返事がないということも。

ご飯も3回作るとなると結構しんどくて、一日中キッチンにいるような感じです。

なんだかこのまま仕事をフェードアウトして専業主婦へと移行しそうな雰囲気すらあります。

 

今後

結局、子どもを優先ということで、このまま仕事はセーブする方向です。

少量のモノ、納期がゆるいものだけ受ける方向ですね。

フリーになってから突っ走ってきたのですが、実は、座りすぎで常時「足の冷え」や「しびれ」が出ているのも決断を後押ししました。

まだ即治療というわけではないですが、コレステロールも高くて、糖尿予備軍です。

そんなに太ってもないのでとてもショックだったのですが、

内科の先生からは「体質ですね、家系でしょう。」と言われました。

そういえば、確かに祖母も叔母も糖尿。

うちの母はコレステロール高いし、弟も。弟はどちらかというと痩せているのに。

仕事の合間に運動すればいいんですが、子どもたちやわんこが群がってきて、一緒にやったり寝転がったりで、めちゃくちゃです(笑)

一度ジムを契約しましたが、仕事が途切れずジムには月に1~2回しか行くことができずに結局退会しました。

そんなこともあって、翻訳についてこのまま同じペースでいくことは無理だという結論に達しています。

ちょっと充電期間を設けて考えようということになりました。

夫の収入だけで暮らしてもいいのですが(特に反対もされない)、勝手に少しいいものを買ったりできないのが悲しいので悩んでいます。

 

まとめ

とりあえず充電です!

コロナが終わった後も、英語教室をメインにして充電すると思います。

突っ走ってきた間にできなかったことをしながらしばらく過ごそうと思います。

子どもたちと遊ぶこともそうですね。

昨年はせっかくキャンプに行っても、キャンプ場で少し仕事したり……ということもありブーイングされていました。

やっぱり「頑張ったんだから、やめたくない、もったいない」という気持ちが強いので、自分の中では「保留・充電」ということにしています。

またバリバリやれたらいいなと思いますが、とにかく夫が忙しすぎて家にいなさすぎるので、もう少し時間にゆとりができないとだめですね。

夫の昇進とともに、私の身体への負担が大きくなってしまっていました。

健康を取り戻す時間にもしたいと考えています。

夫にも「子どもの世話を少ししてほしい」という話をしたものの、「それは無理」「子どもの世話や勉強を見るのは俺よりもまろんの方が向いていると思う」というお返事でした。

そして、管理職で仕事を休むとか、子どものために残業しないとかあり得ないということでした。

日本企業はそういう感じのところが多いですよね。

なんだよ!と思いましたが仕方がありません。

仕事を今のペースでやりたいとなると、子どもを他人に預けっぱなしにするのかという話になります。

自分一人で 仕事 + 家事 + 育児 をするのは大変で、全部中途半端になるんですが、子どもの精神面を考えると他人に任せるってどうかなと。

 

ドラマや映画でもよくありますよね。

「仕事仕事で何にもしてくれなかった。こっち見てくれなかった。」

なんてね。

 

私自身も父がずっと出張でいなかったですし、父は私の誕生日も覚えていなくて(毎年忙しい時期でいなかった)、正直愛着は薄いです。

もう亡くなってしまったのですが、結局父がどんな人かわからない、知らないというのが実際のところです。

 

そうなると、お父さんが仕事でほとんど家にいないのに、お母さんまで仕事仕事ではあまりにも子どもたちがかわいそう、となってしまうんですよね。

 

よく、「大人になったらわかってくれる」という人がいますが、それはないです。

仕事一生懸命したんだなとは思いますけど、だからって別に愛情は増えません。

しつけが厳しいのもそうですね。必死でしつけしたんだなと思いますけど、愛情は年を追うごとに減ります。

 

というわけで!こじれてからでは遅いので、中途半端でちょっとあれですが、とりあえずお休みです!

前向きな休みです!