翻訳者の英語学習ブログ

実務翻訳者として仕事をして締め切りに追われながらも少しずつインプットを増やすためのブログです。

 PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

こんにちは!

いつものことですが、本を読みました。(全然読んでない)

幸か不幸か、コロナショックによりいつもよりも時間にゆとりがあります。

 

 

 PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

 今回はこちらを読みました。

隙間時間で読んでいたので意外と時間がかかってしまいました。

Kindle版を読んだので、無料でした!

新しい本が無料だとうれしいですよね。

だけど、総ボリュームがわかりにくくて、読み始めてから終わるまでの時間が計算できません。

私のようにちょこちょこ読みだと「意外に長くて終わらない」ということが起きます(笑)

 

 

 

 

 

kindle版は無料でした。

もしかしたら終了したかもしれません。

 

 

内容

ピクサーの苦しい時代を支えて、発展に貢献した人が語るストーリーです。

スティーブジョブズの意外な面が見れたり、ピクサーってそういう経緯で今のようになったのね、ということが知れます。

私の中では、ディズニーに買われてしまったことはあまりよく思っていなかったのですが、会社の経営にはいろいろとあるんだなと思いました。

株式会社って大変ね、という感想です。わかりにくいですね(笑)

あんまりいうとあとでどなたかが読もうと思ったときに面白くなくなるので。

すみません。

 

まとめ

やはり、スタートがあれば終わりがある。

出口戦略を考えて進むということなんですね。

まるっきり投資の考え方ですね。(株式や不動産のような)

会社経営って情熱だけではだめで、なんというか、ドライにゲームを攻略するようなそんな形なんだなぁと改めて認識しました。

私なんかは、そういうドライさに欠けている部分があるので、もう少し冷静に、終わりをどこに設定するのか、現状維持を目指すのではなく、引き際も考えなくてはと思いました。

個人事業主として開業してからは、ひたすら突っ走ってきて、

スケジュールを詰めすぎて頭が変になりそうになったり(笑)

クオリティが下がってしまってショックを受けたり(完全に自分が悪い)

祖母や母が入院したり

去年だけですごくたくさんのことがありましたが、40を目前にして、コロナショックで残りの人生について考えさせられる今日この頃です。

 でも最後瞑想とか言い出すとは思わなかった!!

なんか突き詰めると穏やかに過ごしたくなるんでしょうかね。

私も刺激(締め切りとか、期日にお金が振り込まれないとか、保護者の要望)には疲れてきた今日この頃です。 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

読書の参考になれば幸いです。